予定調和のサイバーサイファ@地球

宇宙からの電波を受信中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

調和の理解、ひねくれた男、日記

今日は雨が降ってやがったけど、かまわずスクーターで図書館に行ってきた。図書館に行く前に朝飯でも食べようと思って、近くに安い店を探してみたけど、地理がさっぱりわからないので迷った。空腹感を感じながら付近にはありそうもないご飯屋を探しながらスクーターに座ってブォーンブゥーンってのをやってると、とんでもなく怠惰な気がしてきて少し不快感があるのだけれど、これはもうこの不快感を味わうために俺はこの瞬間を生きているのだなとかいう気になってきて、今まで散々いろんなことに対してイライラしてイラつきすぎて電話でおもしろいことあるよって呼び出していきなりボッコボコにしたりとか、そういう事とかがやっちゃいけない事だとして、それ相応かそれ以上のことをジワジワと行う方法だってあって、いわゆる緩慢な死の強制ってそういうことなんじゃないかなとか、じゃあやっぱり我慢し続けてちゃダメで、どっかでネガティブな感覚の流れ出る道があることが必要なんだよやっぱり。感情もやっぱりエネルギーで、エネルギーは形を変えつつ同じ量だけ伝わっていくっていうエネルギー保存の法則的なことが、現実にあると思う。ああ、じゃあ感情も含めて何かしら普遍的な法則に従って世界は廻っているのだろうなと思う。良い循環を作り出すことが必要だと思う。それを作り出すことは本当の意味で可能?って疑問に思う。わかりやすい流れとしては、ようするにあいつが俺をイラつかせたのはあいつに対して世界が冷たかったからだってことだ。あいつが俺に優しかったのはあいつに対して世界が優しかったんだって流れだ。だから良い方向性を作り出すには世界を変えなきゃならない。やっぱり循環してる。エネルギーが流れてる。俺の近くで目に映る人はみんなイラつきながら愛情を持ってる。そっか、これはこれでバランスがとれてる状態だってことなんだなってなんとなく納得した。でも良い方向へ向かわせるエネルギーの発露になりたいとは思うけどそれは結局真逆を作り出す原因にもなりうるだろうと思う。どっちにしろ大きな流れに身を任せるしかできないんだよクソが。まあいいよ楽しめてるから。とかなんとかでコンビニで飯をすませて図書館で本借りて帰ってきた。星の王子様ってさっき読んだけど良い意味で笑える話だったんだな。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/10(水) 17:25:58|
  2. 散文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その後、彼は一人チャットを始めた | ホーム | 雑居の中、点と点を繋ぐ点は想う>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cybercypher.blog66.fc2.com/tb.php/25-643ed634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。